DVとは?

ドメスティックバイオレンスとは?

夫婦・恋人などパートナー等の親密な関係にあるカップルの間でふるわれる暴力のことをドメスティックバイオレンス(DV)と言います。男性が被害者の場合もありますが、性暴力や深刻な身体暴力は圧倒的に女性が多いのが現状です。

内閣府の調査(2012年)によれば既婚女性の3人に1人がDV被害を経験し、23人に1人の女性が、生命に危険を感じる程の暴力を受けていることが報告されています。また、警察の犯罪統計(2011年)によれば、配偶者間における犯罪のうち、暴行事件は93.2%、傷害事件は93.6%、殺人事件は56.3%の妻が被害者となったケースです。

暴力は、「安心」「自信」「自由」という人間らしく生きる権利を奪うものです。たとえ夫婦であっても個人の人格があり、妻は夫の所有物ではありません。


DVの本質 パワーとコントロール(力と支配)

暴力とは殴る・蹴るなどの身体的なものだけでなく、心理的、性的、経済的、社会的なものも含まれます。

身体的暴力・・・殴る、蹴る、引きずりまわす、物を投げつけるなど
心理的暴力・・・大声で怒鳴る、罵る、脅す、無視するなど
性的暴力・・・・性行為を強要する、避妊に協力しないなど
経済的暴力・・・生活費を渡さない、働きに行かせない、借金をする・させるなど
社会的暴力・・・行動の制限、友人に会わせないなど

あなたが”怖い”と感じたらそれはDVといえます。
身体に受けた傷やアザだけでなく、目に見えない心に受けた傷が被害者にとって一番辛く、傷ついた心のケアには長い時間を要します。


暴力が与える精神的影響

予測不可能な突然の激しい暴力がいつ起こるかわからない、安心できない日々を過ごすことは、精神的、肉体的に大きなダメージを受けることになります。身体的、心理的暴力により、被害者は「私がいたらないから」「私が悪いから暴力をふるわれる」と自分を責め、うつ傾向に陥ったり、子どものケアができないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

■暴力により被害者は以下のような心理状態に陥る
・暴力は安心や自己尊重感を奪う、自信がもてない
・自責感情が強い
・うつ傾向にある
・子どものケアができなくなる
・孤独感、無力感が深い


何故逃げられないのか?

逃げる安全な住居がないこと(実家・友人宅は危険)経済的見通しが立たないことなどが大きな理由です。 DVの被害に遭っていることを誰かに言おうとしたり、「別れようとしたら殺す」などの脅しを受けている場合があったり、別れた後の報復に対して強い恐怖を感じて加害者のもとから離れることができないなどのケースもあります。

子どもがいる場合は、子どものためにも父親が必要ではないかと考えたり、子どもの将来を考え離婚に踏み切れない被害者も多くいます。また、最低限の金銭しか渡されていなかったり、働きに行かせてもらえないという状況から被害者は別れた後の生活どころか逃げ出すためのお金もないこともあります。


子どもに与える影響

DVのある家庭では、6?7割が身体的虐待全ての子どもが精神的虐待の被害を受けていると言われています。また、児童虐待防止法にもDVは児童にとっても心理的虐待と明記されています。

直接的に暴力を受けない場合でも、暴力を振るわれる光景を目撃することにより(まして自分の尊敬する父親や母親であれば、より大きな衝撃を受ける)、直接殴られたことと同様のショックを受けます。

こういったショックが原因で、睡眠障害・摂食障害などのストレス症状が出たり、他者とのコミュニケーションが取れない・感情をうまく表現できないなど精神的ダメージは少なくありません。
また、DVにより母子関係を歪められることことは、児童の心身の健やかな成長に大きな影響を与えます。


DVチェックシート

あなたは被害者になっていませんか?
  •  うまくいかないことがあると、すぐに私のせいにする。
  •  私が1人で外出すると、しょっちゅう携帯に電話してくる。
  •  私が友人や両親と交際するのを嫌がる。
  •  私の帰宅が遅くなると怒る。
  •  私に「バカ」とか「能無し」とか言う。
  •  いつも彼の機嫌をそこねないように気を配っている。
  •  彼に怒られるのがいやで、言うことを聞いてしまう。
  •  ついつい彼好みの洋服を選んでしまう。
  •  人前でも平気で私の欠点を指摘する。
  •  彼と会話がしたくても、非難されたり、無視されたりする。
  •  癇癪を起すと、壁をなぐったり、物を投げたりする。
  •  彼は、私の気分などおかまいなしにセックスを求める。

 ※ 出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より抜粋。

一つでもチェックがついたらDVの可能性があります。