DVから逃れるためにできること

《緊急時に備えて》

  1. 日頃から警察の生活安全課、女性相談センター(配偶者暴力相談支援センター)、市町村のDVセンター、男女共同参画センター、民間相談機関等に相談しておく。警察で110番登録しておくとよい。
  2. 被害の証拠をとっておく。写真(怪我の箇所及び自分だとわかる写真、壊れたものや部屋の様子)や、怒鳴り声などを録音したもの、医者の診断書、日記やメモ(被害の日時や場所、状況がわかるもの)などあればよい。 (管理に注意する)
  3. 自分名義で、少しでもお金を貯めておく。(なくてもなんとかなるが…)
  4. できれば、家を出る前に弁護士に相談しておくとよい。法テラスを利用してDVに理解のある弁護士を紹介してもらう。(無料で法律相談を受けることができます) 女性の月収が20万以下の場合で、預貯金が少ない場合は、法律扶助を利用することができる。
  5. 夫の追跡が予測されるので、妻や子どもへの執着が強い場合などは実家には戻らない。夫の知らない安全な場所に避難してから、保護命令や離婚調停をおこすこと。DVケースでは夫と同居していて、離婚の話あいや離婚調停は危険である。それまでは身体的暴力がなくても、妻が本気で別れたいと思っていると知った時に、ひどい暴力が行われることが多い。

《緊急時・その後》

  1. 身体の危険を感じたら、警察に駆け込むか110番通報する。女性相談センター(配偶者暴力相談支援センター)や民間シェルターなどの一時保護機関につないでもらう。保護を望むなら 「一時保護してほしい」と頼むこと。
  2. 子どもと一緒に暮らしたいのなら、必ず子どもを一緒に連れてでること。子どもを置いてきた場合は、親権がとりにくい。
  3. 家を出たいが、所持金が少なく、生活や住居について不安なときは、市町村のDVセンターや福祉事務所に相談する。(逃げた先のDVセンターや福祉事務所でもOK) 一人で無理なら、支援団体に相談して同行支援を頼んでみる。
  4. 費用が払えない場合、法テラスを通して法律扶助が利用できる。DVで夫が非常に怖い場合、調停から弁護士がついていると安心できる。
  5. 経済的に苦しくても、生活保護や母子生活支援施設等の社会的資源を活用できる。一人で無理な場合、支援団体に同行支援を頼んでみる。単身女性には生活再建のための婦人保護施設もある。

逃げるときに家に情報を残さないようにする

加害者に見られないように、家に情報を残さないようにしましょう。捨てるか持ち出すことをおすすめします。

  • スマホ
  • 友人や知り合い・勤務先など、あなたの連絡先が書いてあるアドレス帳や手帳、日記
  • DV相談関係の書類
  • 固定電話の通話記録や発着信履歴(消去する)

その他持ち出した方が良いものなど、詳しく知りたい方は面談相談をご利用ください。(申込み:078−731−0324

相談窓口リスト

  • DV相談窓口(兵庫県内)
    私たちの活動地域である兵庫県神戸市について掲載していますが、全国に同様のセンターがあります。
    • 女性のためのDV相談室(神戸市配偶者暴力相談支援センター)078-382-0037 火~日 9時~17時
    • 兵庫県女性家庭センター(兵庫県配偶者暴力防止相談センター) 078-732-7700 月~金 9時~21時 ※緊急の場合24時間対応
    • 兵庫県立男女共同参画センター(イーブン)
      • 女性のための悩みの相談 078-360-8551 月〜土 9時30分〜12時/13時〜16時30分
      • 面接予約 078-360-8554 月~金 11時〜18時40分 土 9時20分〜16時50分
    • 神戸市男女共同参画センター (あすてっぷKOBE)
      • 女性のための相談室 078-361-8361 火〜土 10時〜12時/13時〜15時
      • 面接予約 078-361-8935 火〜日 9時〜17時
    • 兵庫県警察本部
      • ストーカー・DV相談 078-371-7830 24時間対応
      • レディースサポートライン  078-351-0110 月~金 9時~17時