私たちについて

ウイメンズネット・こうべは、1992年4月、男女平等社会実現のための学びと出会いの場を求めて発足しました。
女性問題に関する学習会のほか、さまざまな思いを持った女性がゆるやかにつながりあえるネットワークづくりや女性のための支援活動を続けています。
DVに関する学習会・サポーター養成講座の開催、高校生・大学生のためのデートDV防止講座などを行っています。

阪神・淡路大震災以降は、「女性に対する暴力」をなくすための活動、特にDV被害者の支援に力を注ぎ、緊急一時避難施設(シェルター)の運営やDVに関する学習会・サポーター養成講座の開催、高校生・大学生のためのデートDV防止講座などを行っています。

私たちの取組み

ウィメンズネット・こうべは、以下の活動を通じて、困難を抱える女性とその子どもたちを支援しています。

DV・性暴力被害者支援及びシェルター運営事業

電話や面談相談、民間シェルターの運営、同行支援など、被害を受けた女性に必要な支援を総合的に行っています

困難を抱える女性とその子どもたちの生活再建支援事業

女性と子どもが安心できる居場所づくり「WACCA」の運営を始め、DV 被害者等生活支援事業、「子ども元気ネットワーク関西」協働事業、居住支援事業など、困難を抱える女性とその子どもを多面的に支えます

DV・デート DV 防止教育事業

学校などでの若年層向け講座、企業など組織向け研修など、依頼に応じてプログラムの企画提案から専門スタッフの派遣を行っています

私たちの理念

この法人は、男女が互いにその人権を尊重し、責任を分かち合い、その能力を発揮することができ、安心してのびやかに生きることができるよう、すべての人に対して、女性や子どもの人権の擁護や福祉の増進に関する事業を行い、男女共同参画社会の形成と子どもの健全育成の推進に寄与することを目的とする。

法人概要

こちらから定款をご覧いただけます
こちらから各年度報告をご覧いただけます